小説執筆は現実逃避の恰好のネタ

最近、8時間以上のバイト(下手すれば10時間も働いているときもある)で、すっかり趣味の1つである小説執筆の作業が滞ってしまいました。 小説執筆は短編小説も含めてだと、小学1年生から始めました。とにかく空想の世界を自分の文...