アラフォーは若返りの世代

20代や30代前半の頃、会社の上司とか先輩(どちらも女性)との雑談に出てくる話題で理解できないことがあった。

それは、ひとまわりもふたまわりも年下の、ヨン様とかジャニーズの話題だった。

「きれいよねー」「可愛いもん」「かっこいい」「会ってみたいわー」「うっとりする」等々…。

いや、かっこいいのはわかるし素敵な人たちだというのはわかる。わかるけど…そんなに熱くなるほどなの?という点がどうも理解できない。

当時の女性たちは50近い人とか、40代半ばとか、もう少しで40とか。

熱を上げてる対象のアイドルや俳優は、その半分位の年齢…。自分の息子みたいな年齢だよね。

あれからずいぶん時間がたった。

私も「不思議だな」と思っていた、あの上司や先輩の年代になった。

アラフォー。

いま私はあの頃のアラフォーたちにそっくりな感覚になった。

10も20も年下の若い有名人に熱を上げるようになったのだ。

まだ20代のジャスティンビーバーに、フィギュアの羽生結弦くんに、ジャニーズに…。

テレビに登場するときに熱を上げるばかりでなく、YouTubeで動画を見つけて観るのが日常の一部になってしまった。

この感覚、まるで中学生時代に戻ったようだ。

大人になってからの恋愛とは明らかに違う。キャーキャー言って、うっとりして、他のアラフォー友達と誰が素敵だのあの人のほうがカッコいいだの…。ほんと子供の恋愛みたいに、ただあこがれて騒ぐばかり。

真剣な取り組みとか、深い人間関係に疲れた世代なのかも知れない。