妊婦の妹が手足口病に

妊娠7ヶ月の妹が手足口病にかかりました。ところで「手足口病」とは、どんな病気なのでしょうか。名前ぐらいは聞いた事があるのですが、具体的には知りません。せっかくなので勉強することにしました。けして無関係ではありませんからね。

感染症のひとつで、手足や口に発疹ができる病です。数日も経てば治るそうなので、そこまで深刻に考える必要は無いみたいですね。ただし、体が弱っている人は別です。なんと予防する方法が見つかっていないのだとか。これには驚きました。おまけに特効薬も見つかっていません。

基本的には自然に治るのを待つ病気ですが、たまに重症化します。ちょっと怖いですよね。てっきり手足口病の薬があると思っていたので、真相を知って愕然としました。妹は20代ですが妊娠中ですからね、それだけが心配です。

妊婦が手足口病になっても、胎児には影響が出ないそうです。それを聞いて安心しました。ただ気持ち良いものではありませんけどね。病気よりも健康で妊娠している方が体も心も楽ですから。ただでさえナーバスになる時期ですからね。

二次感染を防ぐために外出は控えた方が良いのですが、ずっと引きこもるわけにもいきませんよね。子どもの送迎とか買い物とか、主婦は外出せざるを得ないのですから。こういう時に助けてくれる人が居るのは有り難いことですよね。