長く降る雨と豪雨と子供たち

梅雨前線停滞中のため、西日本は数日間ずっと雨が降っていました。その日も中国地方にある私たちのお家は朝から晩までずっと雨でした。長い間雨が降り続いているし、いつもの雨より激しい雨だったので、警報や町内放送やエリアメールが常に鳴り続いていました。

本当うるさくて放置してたぐらいずっと鳴っていました。大雨で子供達が興奮して寝るまではしゃいでいました。翌日あんなに鳴り続いていたエリアメールは静かでした。テレビをつけると災害の嵐でした。土砂や浸水や断水、四方を水に囲まれて身動きが取れなくなっている人や道が通行止めで行き場がない人など絶望的な状況でした。

我が家がある地域や両親が住んでいる地域は、何の被害もなく通常に生活を送れています。ですが、友人が住んでいる場所は、通行止めで帰宅できなかったり、お家が流されてしまったり、浸水したりと被害が大きくかなり大変な状況です。テレビや友人の情報を聞いて、心配で

助けたいけど何をどうすればいいのかも分からず、今日も通常運転の我が家です。おやつを食べたいと騒ぎだす子供達におやつを出して、家事と育児に疲れてボーっとテレビを観ています。体験してないからか私が冷たい人間だからなのかどこか現実味がなく、他人事で済ませてしまうなとテレビを観ながら思いました。

これからの事について

私が今思っているこれからの日本のあり方について考えていきたいと思います。

今、日本で工業製品を作ろうとしても海外の安い人件費で済む国で生産した方が良いのは、みなさんご存知だと思います。では、どうすれば、海外で生産するよりも安く製品を作れるかと言うと、今まで人がやっていた仕事を機械にやってもらうことじゃないでしょうか。そうすると企業は少ない人数で、大量の製品を作れ業績も半端ない状態になります。でも、今まで人がやっていた仕事を機械がやるようになると人の雇用ができなくなります。だから、今の働き方を見直すべきだと思います。機械がやるようになって儲かった会社が、それによって仕事を失った人に分配するベーシックインカムを導入できるかだと思います。正直アルバイトの人に時給800円出すのは、もはや難しくなっていくのではないでしょうか。じゃあ最低限、住む家と食費を提供し、何かやりたいことをやるような仕組みを作る必要があるのではないでしょうか。機械が人の仕事を奪うって言っている場合じゃないんですよね。だって人がやるのなら、人件費の安い国には敵いません。仕事を機械にやってもらって、その利益を国民に分配することの方が大事なのではないでしょうか。

痩せるというのは難しい事である

28歳の誕生日を目前にして人生において最も体重が重くなりそうである。

1年前の今頃と比べて10キロ以上も増えてしまった。原因はわかっている。深夜の暴食である。日付が変わる頃体が疼きだし、気づいたらパスタを茹でている。少量ならまだしも、決まって100グラム単位で結束されているものを4束、つまり400g食してしまう。これが習慣になってしまっている。この悪しき習慣に抗おうとするも毎晩ことごとく失敗する。失敗するどころか最近では苦しんで我慢するくらいならと早々に敗北を認め抗う事すら止めるようになった。パスタを食す事によって一時的に気持ちは満たされるが長くは続かない。徐々に罪悪感が増し翌朝体重計に乗った時それはピークに達する。毎日それの繰り返しである。

食べるのを我慢できないのであればその分動けばいいじゃないか。社会人になってから運動することから遠ざかっていたが、一念発起し週に2回ほどスポーツを楽しむ時間を作る事に成功した。それが約2ヶ月前のこと。果たして体重は減ったのか。結果数キロ増加した。運動後のビールは旨い。そのビールと一緒に食すものもやはり旨い。なかなか思い通りにはいかないものである。

痩せるというのは難しい。なんとか夏が本格化し薄着になるまでに痩せたい。あの頃のようにカロリーを気にせず食を楽しめる日は来るのだろうか。戦いは長くなりそうだ。

動画アプリで楽しく料理を勉強中

私は最近、料理にハマっています。

仕事が忙しく、これまでは市販のレトルトものや、サッと野菜を炒めるだけの料理が大半でした。

しかし、年を重ねるとともにだんだんと胃がもたれたり、料理の彩りがないことによる心の貧しさを感じたりするようになりました。

そこで、週末など時間を見つけては料理をするようになったのです。家族からも喜ばれるようになりました。

最近はスマートフォンのアプリで、料理に関するものがたくさんリリースされています。

野菜の栄養価や旬が分かったり、レシピを検索したりするものもありますが、私がハマったのは動画アプリでした。

およそ1分程度の動画で分かりやすく料理を学ぶことができます。

食材の切り方や火加減など、微妙なニュアンスは、書籍より動画のほうが分かりやすく感じました。

和洋中さまざまなレシピがあり、動画を見ているだけでも知的好奇心がくすぐられます。

「自分も作ってみたい」「これなら自分でもチャレンジしやすい」といった気持ちが高まり、今ではさまざまなレシピに挑戦しています。

まずは基本的な和食の調味料を揃え、応用の利くオイスターソースやタイ料理でよく使われるナンプラーなども揃えています。

少しずつレパートリーも増えてきたので、今では料理がとても楽しい生きがいになっています。

ポイントカード

買物で便利な「ポイントカード」ですが、便利なものほどポジ面とネガ面があり〜。

家計にとって結果的にプラスになっとるのか、マイナスになっとるのかの、わかりにくいのがあかんね!

なにせ、ポイントを貯めようとして余計なものや他店より高いものまで買ってしまう悪癖から抜け出すのに、ン10年かかった(早く気づけよ笑)のですヨ。

いつのまにかポイントを貯めることが目的になるのですね。購入額で相殺されてお得がお得じゃなくなっちゃう。

でもある時、自己啓発系を読んでいたら「ポイントカードなんて無駄遣いの根源だから捨てなさあああい!!」(笑)みたいな記述がありまして。

そういう極端なのは好きじゃーない、ただその理由の説明に一理あったから、ほとんどのポイントカードを退会断捨離してみました。

えー、残したのは地元店と百貨店の2ジャンル、各1店舗のみ!

地元のお店はドラッグストアのみ。「ポイント〜倍キャンペーン」の日に行って、だいたいの生活消耗品をそこで買う。

百貨店いわゆるデパートは、年に1回くらい(情けねー笑)非日常的な買物でだけ利用。

ああー生活がすっきりしてすごくいい!結局、あれは束縛なんですね。

ポイントなんかつかなくても、他店で安くて美味しそうな生鮮品があれば買ったり。

柔軟にいろんな買い物をするようになって、頭も使い、ボケ防止効果も?!

自分の場合は家計改善しました。人様の忠告は聞いてみるもんだな。

ホストの方の怖さ…人を捉える力高過ぎる

職場に元ホストの方がいるのですが、彼の嫌な事を人に頼む能力、それが出来る人を作るうまさがハンパないお話をします。

彼は突如その職場に復帰するも、その頭の回転率などからすぐ管理者になりました。

わたしはトロくて、中々簡単なミスから大きなミスまで振り幅の大きいミスラーなのですが、彼はいいよ、俺が怒られてあげるから!と言って全くわたしを責めなかったのです。

常にビクビク申し訳なく過ごしてきたわたしとしては、彼の言葉にかなり感銘を受けてなんでできた人なんだと思いました。しかし、今となって思えば、できない人に優しくする事でその劣等感につけ込み、普通に出来る人がやりたがらない、人気のない案件や早朝仕事を頼むため、裏方の地味な長時間作業に当てる無能だけど忠実な人を確保していたに過ぎなかったんだなぁと今 ひしひしと実感しています。

実際、人気のある楽しそうな案件には全くお声がかからないのに、不人気のお仕事は断ってもまた電話がきます。そこで断ってもなんとかこれるよう迎え、半日勤務など代案を重ねて断れないようにしてきます。

こちらも、まともに働けず、休む事も繰り返してしまっており、あちらに貸しが多い状態です。最近大きなミスもしたのに、悪いのはあなたもだけど、それをした相手も非があった、と冷静に勝つわたしだけを責めないように諭して終わったので、かなり頭の良い、というか人を責めないようにしている方なのも分かります。しかし、かなり辛そうに動いているのを見ていたはずです。なのに、仕事のメンバー決めになると途端に、こうしたらこれない?これるよね、みたいな冷酷さを出してくるのです。

これたらなんでも良いのでしょうか?テンション低くて、カード入れる場所すら間違えるほど、何もできないのですが…

何というか、今まで歩きで帰っていた仕事会場から送ってくれたり、高待遇にしてくれている部分があるので、すっぱり断れず、結局いけないと言って迷惑をかける奴になってしまっています。

今年こそ食べたい!甘~いミニトマト!

野菜作りが趣味になりそうな私です。昨年から、夫の実家の畑を間借りして、夏野菜をつくっています。ちょうどゴールデンウイーク頃に苗を植え始めます。ハウスを作り、主にミニトマトを育てています。今日は天気がいいので、早速苗を植えてみました。トマトの他にきゅうり、なす、サヤエンドウも植えてみることにしました。昨年は様々な種類のミニトマトを植えましたが、品種によって甘み、皮の厚さなどが違うのです。今年は昨年の経験を踏まえて、甘かった品種を厳選し、本数も減らして育てやすくすることにしました。

目標は、昨年亡くなった義父が作っていたフルーツのように甘いミニトマトです。あの味が忘れられません。生きていた時に作り方を教わっておけば良かったなと思います。先週、畑を耕し、肥料をまいて準備は整っていました。子供達と苗を買い、一緒に植えました。これから熱くなるのでぐんぐん育つでしょう。収穫のときには、もぎたての甘いトマトを食べるのが楽しみです。子供達も野菜の収穫を楽しみにしているので、愛情をこめて美味しい野菜が出来るようにお世話をするのも楽しみの一つです。今年こそ義父が作ってくれたトマトのように甘いといいなと思います。

怖いという感情について

ものすごく威圧感のある人っていますよね。あんたは誰かに命を狙われているんかい、とツッコミたくなるような。なんで、あんなにピリピリしているんでしょうか。気持ちは理解できます。わたしも警戒心が強い方ですから。

だけど、普通に外を歩いているだけで、あんなに警戒しなくてもいいと思うんです。会議中や苦手な人と会うときにピリピリするのは、よくあることです。どうして歩いているだけで警戒するのでしょうか。外で怖い目にあったのかも知れませんね。

何より、常に警戒しながら生活していたら疲れるじゃありませんか。疲れるのはわかっているけど警戒してしまう、のかも知れませんが。癖なんでしょうね。常にビクビクピリピリする癖がついてしまっている。習慣と言えるかも知れません。

いったんコレが怖いと思い込んでしまうと、本当は大して怖くないのに怖がってしまうんですよ。わたしはコレが怖い。怖がらなきゃいけない、みたいに暗示をかけてしまうんです。思い込みって恐ろしいですよね。

正直に言うと、わたしも外を歩くのは怖いです。正確に表現するなら、外出した先で体調を崩すのが不安なんです。出かけて帰って来られなくなるのが怖いんです。恐怖の原因を細かく突き詰めていくことで、少しは恐怖が軽減されるかも知れません。

考え方は色々、奏でるより爪弾くがいいなぁ

なんだか響かないなぁ。一緒にイベントを共催することになった方なのですが、活動はわたしよりもされているので尊敬しています。でもけっこう何かと荒いんですよね。言い方とかではなく、やりとりや表現のことです。

明るい方なので、そういうラフさも魅力なんでしょうが、いわゆる「報告、連絡、相談」がちゃんとされないと気になるわたしにはちょっと歯がゆいところがあります。来月なのでイベントページをまた記事アップしておられたのですが、紹介にわたしが2台持っている楽器のうち持って行こうとしていないのを紹介されていました。

フェイスブックだったので写真だけ見て「いいね」をされる方も多そうだし、スルーしておきますが。いちいち、やりとりするのも面倒だなぁと思ったのと自分の文章には自分で責任を持ってもらいたいので放っておくことにしました。アドバイスは求められたらしますが、今回だけのやりとりなら穏便にしておいた方が得だと思っています。

いい部分はもちろん見習いますが、わたしの良さを表現しつつ細かく丁寧に活動していこうと思います。鳴らした音もきっと全然違うでしょうね、音は拡声器ですから。気を付けなきゃ。

他のオーナーさんで「奏でる」というより「爪弾く」ですと言われた方がいましたが、そっちに共鳴します。自分が主体というのもいいですが、人を呼んだ時には調和が必要なのでBGMでいいという考え方は素敵だと思うんですよね。

結構授業準備に追われています

ただいま、急いで授業準備をしているところです。もうすぐ授業が始まってしまうのですが、しっかり準備しておかないとこれはこれで問題かなってレベルになっているのでできることを少しずつ進めているところです。

しかしながら、やることが結構多くてそれだけで疲れるなぁって思うことも。まぁまだ本格的に始まっているわけでもないからその点では準備を余裕を持ってできる部分というのもあるのですが。

今の自分にできることを実直にこなすだけですし、ひとまずはいろんなことを犠牲にしつつも仕事に邁進できたらいいかなって思うばかりです。甘いものとかも欲しいのですが、今日は他の方々からもらったチョコレートとかがあるのでそれで頑張れればいいかなって思うところではあります。

ずっとパソコンに向き合っているとそれだけで疲れてしまうので、適度に席を立ちつつ、作業をこなすって感じです。一つのところにあまり長くいられないタイプなので、その意味でも定期的に息抜きしつつ仕事しようって思っています。

今日は最低ラインのことまでできたらさっさと帰ろうって感じなのですが、飽きてきたのでひとまず違う作業を入れて気分転換を図れればと思う午後です。夜までには周りのものをスッキリさせておきたいなって思っているところです。